現在19歳だし、20歳になるまでは彼氏を作ってみたいなという気持ちはとても強くありました。
ただ、男性は怖いしセックスに対しての恐怖心も払拭することができません。
だから行動に出ることもできずに、ただひたすらモヤモヤとした気分を抱えて生活をしていたのでした。
自分も街中のカップルみたいに楽しくデートをしてみたいのに、それを行動に移すことができなかったのです。
男性恐怖症であることは間違いがないのですが、それでも異性に対しての興味というものはありました。
だけどどうしても怖いというイメージが先行してしまって、これはどうしようもなかったのです。
デートを楽しみたいし彼氏も作りたいと思っていた頃の事だったのですが、あるテレビ番組を見ていたら面白い特集が組まれていたのです。
今ではソフレを作る女性たちが多くなっているし、男性も受け入れてくれるというものだったのです。
最初は何のキーワードなのかさっぱり分らなかったのですが、どうやらこれは添い寝フレンドの事を指して言う言葉だったようです。
この関係はセックスをしない、一緒に寝るだけだと言うのです。
男の人って絶対に体を求めてくるものだし、激しく求められたら萎縮しちゃうから怖いなって思っていたんだけど、求めとこない男性がいると言う事に対して驚きを感じてしまいました。
また、未婚でも既婚者でもこのような関係を求める女性たちも多くなっていて、インターネットを通じて相手と知り合うという事が特集されていたのです。
これが本当の話だったら、自分もこのような関係で男性恐怖症を克服していく事ができるかもしれないと思ったのです。
本当にそのような男性と知り合うことができるのだったら、少しずつ男性に慣れていって恋人関係になってなれるだろうと思えたのでした。